イタリア旅行記1日目 | moskomule log

イタリア旅行記1日目

1週間ほどイタリア旅行を行ったので,とりあえず写真に場所のタグ付けをするために1日ずつブログの記事を書いてみよう.


今回のイタリア旅行では,イタリア北部のBolognaに宿泊し,そこから各地に移動した.この地は交通の要衝でもあり,フィレンツェまで40分程度,ミラノまでも1時間程度で乗り換えなしでいける.

Bolognaは欧州最古の大学であるBologna大学を抱え街は中世からの雰囲気を残すが,また一方では美食の有名なイタリアに於いても特に滋味なる物が集まるというEmilia-Romagna州の州都でもあり楽しむべきことは多い.

よく知られているようにイタリアは南部に対して北部が豊かな南北問題を抱えているが,北部にある実際この地域は豊かであることが伺えその為か人々も余裕が親切で,安心感がある.逆にそのように豊かであることが食文化が発展した要員なのかもしれない.

ヨーロッパの他の都市同様,物乞いも,今ではセルカ棒を売る胡乱な人々もそれなりにいるにはいるのだが,彼らですら穏やかであり少なくとも体感的な治安は東京などと変わらないほどであった.24時間無人の飲食できる施設もあったが,毀損はおろか,落書きのようなものすらなかったので治安はそこそこなのであろう.

観光客はヨーロッパの人が殆どで,東洋人すら数組見かけたのみ.そんな場所に1週間も滞在すると結構覚えられていたようだ.もう少し時間があれば馴染みのTrattoriaができたのかもしれない.


さて,Bolognaの中心はMaggiore広場であり市庁舎,巨大なSan Petronio教会などが立ち並んでいる.観光案内所やレストランなども集結しているのでとりあえずここに来れば困らないだろう.なお,私の旅行の常ではあるのだが広場中心のNeptuneの噴水は工事中で見られなかった.

DSC01386


第8代Bologna司教で守護聖人でもあるSan Petronioから名づけられたSan Petronio教会.奥行きが100メートル以上あるBologna最大の教会であり,観光客も数多く訪れるためか警備の薄いBolognaではあるものの緩く警備されていた.

DSC01387

DSC01406

中途半端なファサード.

DSC01385


Bologna大学の校舎.現在でも一部は大学施設として,残りは観光施設として使われている模様で,訪れた際には学生だと思われる人々がパーティーのようなことを行おうとしていた.

DSC01424

DSC01424

世界初の(学術的な,と言う意味だろう)人体解剖が行われたという,解剖学教室もある.皮を剥がれた人の装飾もある.

DSC01428

DSC01430


Santo Stefano教会.装飾も余り残ってなく,かなり古そうで独特の雰囲気がある.よく壊されたり改修されずに済んだものだ.

DSC01451

DSC01456_HDR

この赤い石をガラスのように嵌めるのはGalla Placidia廟堂にも見られた.

DSC01474


皇帝党と教皇党との対立華々しき時代に各地で塔が建てられたが,そのうちの数本がBolognaにも残されていて,一部は昇ることが出来る.今回は97mある塔に登った.下から見るといくぶん現代的な建物も屋根は皆赤く統一されているのでこのように高いところからはきれいな町並みを楽しめる.

DSC01514

DSC01549_HDR

DSC01534_HDR


San Pietro聖堂.

DSC01368

DSC01375


初日は他にVodafoneでSIMカードの契約を行った.国際電話付きのプランしかなくて,LTEのデータ通信3GB分をつけて€30.係員が英語に増えてであったので,広告の€10がなぜ€20も値上がりしたのかがよく分からなかったが聞いてもよく分からない

comments powered by Disqus