イラン旅行記11日目 | moskomule log

イラン旅行記11日目

Esfahan

7時頃にEsfahanに着いて,前回も泊まったAmir Kabur Hostelに行った.運良く空いていて,従業員も何人かは覚えていて呉れてパスポートケースを贈ってくれた.

チェックインは午後からだったので,前回は入れなかった王のmosque,Masjed-e Shahを見に出かけた.

Masjed-e Shah

残念ながら工事中であり,TeheranのKhomeini神殿(Holy Shrine of Imam Khomeini)建設にあたって何かをしているようで囲われた区画があった.屋外にある所為か,天気の所為か色がくすんでいるような感じもするが,大きさで圧倒してくる.

たぶん万年工事中

回廊.madrasaも併設されていて,神学者に胡麻の飴を貰った.

流石に巧み

天井,鳴竜のように手を叩くと反響する.

少々色褪せているのが目立つ.

段々と慣れてきて,物珍しさも失せてきた頃.

またも修学旅行生に遭遇した.全員でそろいのhijābを被っているから目立つだけなのか,女子学生を見かけることが多いのは気のせいか.

修学旅行生たち.厳格な人が見たら怒りそう.


このあとはさすがに13時間もバスに乗っていたので,疲れてしまって,ずっとベッドの上でだらだらしていた.同室のベルギー人は日本文化に興味があるようで,アキラや攻殻機動隊の話をしていた.後者は実は知らないので,そのうち履修しておきたい.

彼と夜のEsfahanに繰り出して,散歩をした.飲食店が軒並み閉まっていて,探すのに苦労した.

露店

例の橋

Masjed-e Shahの夜のすがた

Masjed-e Shahの夜のすがた,その2

comments powered by Disqus